不法滞在者が保釈なしで釈放 ニューヨーク市警の警察官2人が大群衆に襲撃された事件

 

2024年1月31日、ニューヨーク市警の警察官2人がタイムズスクエアで不法滞在者の大群衆に襲撃されました。犯人は保釈金なしで釈放されました。
また、2024年2月2日には、ニューヨーク市警の警察官2人が移民保護施設の外で襲撃されました。この事件では7人が逮捕されました。

 

全員が保釈なしで釈放

PR

イーロン・マスク「すべての国外追放は失票であるため、国外追放が非常に少ない理由はこれで説明されます。今週起こったように、ニューヨークでは文字通り白昼堂々警察官に暴行を加えても、保釈金なしで釈放され、全員に指をさしても*それでも*国外追放されない!!とんでもない。」

PR

うん。 バイデンにはそれを阻止する力があるが、阻止しないことを選択している。これは意図的なものでした。これは仕様によるものでした。過去3年間、民主党の計画に関して言われてきたことに人々がようやく追いつきつつあるのを見るのは、確実に腹立たしいことだ。

問題は、流入する事件が増えているのに、裁判官や弁護士のように、それらを迅速に処理するためのリソースが不足していることです。

PR

タイムズスクエアで警察官2人を襲撃した不法滞在者が保釈なしで釈放されたため、これはニューヨーク市警の抗議活動です。

ニューヨーク市は、17世紀から多くの移民を受け入れており、現在も市人口の37%、市内労働者の43%を移民が占めています。移民国家アメリカを最も象徴する大都市といえます。

 

おすすめの記事