顔に酸攻撃 女性と二人の少女のような被害者たち

 

クラパム(イギリスのロンドン南西部にある地区)で起きた女性と二人の少女のような化学攻撃の被害者たち。

不法移民がこの地域に殺到するまで、英国では酸攻撃を受けたことは一度もなかった

2022 年には、710 件の酸攻撃が報告されました。前年の 2021 年には、172 件の攻撃が女性をターゲットにし、227 件が男性に向けられました。最も多い攻撃件数はノーサンブリア州(183件)で、次いでロンドン(163件)、マージーサイド(116件)が続いた。

PR

アシッドアタックは、硫酸・塩酸・硝酸など劇物としての酸を他者の顔や頭部などにかけて火傷を負わせ、顔面や身体を損壊にいたらしめる行為を指す。別名『酸攻撃』ともいう。 25歳から34歳の女性が最も被害を受けやすく、男性優位で女性の立場が弱い地域で起こりやすいドメスティックバイオレンスである場合が多い。 ウィキペディア

PR

国連の調査からは、アシッドアタックは加害男性による嫉妬や交際や縁談を断られたことに対する逆恨み、果ては父親から生まれてきた子が女だったからなどの身勝手な動機から、被害女性の外見を破壊し、苦痛を与える目的で行われているという結果が出ている。wikipedia

アシッドアタックは、主に中東や南アジア、アフリカ、南米などで問題になっています。イギリスでは、アシッドアタックが盛んな国として挙げられていませんでした。

PR

殺人犯と顔面火傷を負った腐食性化学物質を投げ込んだ疑いのある男

「酸攻撃、ナタ攻撃、三重殺人、第三世界英国のごく普通の一週間

移民の本当の美しさ あなたはもう豊かになったと感じていますか?」

 

おすすめの記事