こんな発言をする『国会議員』「天〇気持ち悪い」「ああいう一族がいる近くで空気を吸いたくない」

 

立憲民主党・辻元清美「天皇気持ち悪い」「ああいう一族がいる近くで空気を吸いたくない」 こんな事を発言する人間が『国会議員』ですよ! ありえないです。

辻元清美(つじもと きよみ)は、日本の政治家で、立憲民主党所属の参議院議員です。1960年4月28日生まれで、立憲民主党代表代行も務めています。

学生時代から天皇制に反対しており、1998年に出版された『辻元清美の永田町航海記』でも「(憲法)第一条から第八条までの天皇に関する規定を削除すべきだ」と述べています。

PR

辻元清美秘書給与流用事件(つじもときよみひしょきゅうよりゅうようじけん)は、2002年(平成14年)に発覚した、社会民主党の国会議員やその秘書らによる詐欺事件である。辻元清美ら4名が公設秘書の給与1870万円を国から騙し取ったとして逮捕され、全員が有罪判決を受けた。

PR

逮捕後は、逮捕前の任意聴取での「政策秘書に勤務実態はあった」という主張が一転し、辻元と元秘書四人らは口裏合わせをして証拠隠滅を図った事実と詐欺容疑を全面的に認めました。2003年8月8日、保釈保証金1000万円を納めて保釈され、2003年11月20日、東京地方裁判所で公判が開始されました。

辻元清美議員をテレビで見ましたが、同じ罪を犯しながら、恥知らずの彼女が議員に復帰していて、罪を真摯に受け止めた山本譲司氏が政治家を辞めてしまった・・・

山本譲司は2001年2月に懲役1年6か月の実刑判決。
現在は社会活動家として、更生保護法人「同歩会」の理事、出所者支援機構「生活再建相談センター」の運営委員、「東京都更生保護就労支援事業者機構」の理事。

 

おすすめの記事