息子が脳死状態→生命維持装置を外す決定→脅し→回復

テキサス州の病院の医師は、ジョージ・ピッカリングさんに息子が脳死状態にあることを告げた。

当局は、息子には「脳の活動が見られない」ため、生命維持装置を外す決定が下されたと説明した。

しかし、ピカリングは彼らの評価に納得できず、銃器を抜くという極端な手段に。

彼は医師らに息子の命を救う努力を続けるよう要求し、拒否すれば銃を使うと脅した。

この状況は3時間続く緊迫したにらみ合いに発展し、その間、ピッカリングさんは警察と対峙し、医療チームは息子の追加検査を行った。続きはhttps://t.co/pez7ImBMrQ

PR

彼の息子は完全に回復した。

ここがテキサスであり、彼の行動が息子たちの命を救ったことを考えると、起訴されたことはまったく驚くべきことです。医師たちは息子を殺す可能性のある行動を取ることを決意していたため、これはある種の自己防衛の状況になるようです。

おすすめの記事