中国人生活保護が激増「これって日本人の税金が使われてるんだよね」

 

日本国民党|中国人生活保護が激増 高齢者の受給、わずか5年で2倍に

2022年12月15日時点での日本に住む外国人の国籍別割合は、中国が4人に1人の割合で最も多く、韓国・朝鮮が続いています。
2022年10月1日時点での日本の総人口は1億2,495万人で、在留外国人数は307万5,213人で、総人口の2.46%を占めています。国籍・地域別では、中国が76万1,563人で在留外国人全体の24.8%を占めています。

PR

在留中国人の多い都道府県は、東京都が最も多く225,239人、次いで埼玉県、神奈川県、大阪府、千葉県となっています。市町村別では横浜市が最も多く4万人超、次いで大阪市、名古屋市、川口市、川崎市となっています。
日本では労働人口の減少に伴い、多くの企業が中国人の採用に力を入れ始めています。中国人留学生の約6割は「日本で就職したい」「日本企業で働きたい」という希望を持って日々勉強しています。

合わせて読みたい

PR

合わせてみてみましょう

くつざわ 日本改革党 獣医師 元豊島区議|河野太郎について「河野一族は中共の犬」と記事にしたら名誉棄損で訴えられました(動画です)

PR

 

おすすめの記事