【画像】マスコミのヤラセ・偏見報道

 

【ヤラセ】

各局が同じ人物を

(出典:https://twitter.com)

 

ヤラセとは、事実関係に作為や捏造をしておきながらそれを隠匿し、作為などを行っていない事実そのままであると(またはあるかのように)見せる・称することを言います。
たとえば、70年代後半から80年代にかけて世界を股にかけ、未知の生物や未踏の秘境を求めた川口浩探検隊は、ヤラセだとのそしりを受けました。
また、望月拓海と鈴木りつによる『これってヤラセじゃないですか?』という作品もあり、男女問わず共感を呼ぶ丁寧な心情描写を武器に、サプライズ溢れる物語を綴っています。

PR

【偏見報道】

報道については、批判的な考え方を持ってニュースやメディアのコンテンツに取り組むことが重要です。大多数の報道機関は正確で偏りのない情報を提供するよう努めていますが、世界中で誤った情報や偏った報道がさまざまな形で存在することは珍しいことではありません。この問題は日本のニュースに限ったものではありません。どの国のメディアでも起こり得ることです。

これに対処するには、次の点を考慮してください。

PR

1. 多様な情報源:より包括的でバランスのとれた視点を得るために、国際報道機関を含む複数の情報源を利用してください。

2. 事実確認:情報を真実として受け入れる前に、事実確認 Web サイトを使用して情報を確認します。ファクトチェッカーは、誤解を招く主張や虚偽の主張を特定するのに役立ちます。

日本ファクトチェックセンター

3. 批判的思考:情報源の信頼性を評価し、記事で使用されている言葉を分析し、潜在的な偏見を特定するための批判的思考スキルを開発します。

4. メディア リテラシー:メディア リテラシーについて常に最新の情報を入手し、情報操作やセンセーショナリズムを生み出すために使用される一般的な戦術に注意してください。

日本のニュース報道の正確性や偏りについて特に懸念がある場合は、問題の情報源を特定し、複数の報道機関からの情報を相互参照すると、より包括的な理解を得ることができます。さらに、異なる視点を持つ人々とのディスカッションに参加することで、現在の出来事をより微妙な視点で捉えることができます。

偏見報道するマスコミの構図

画像

(出典:https://twitter.com)

 

おすすめの記事