女性や子供に容赦のない人々(スーダン)

 

スーダンでは今、大規模な虐殺と避難が起こっています 。

ダルフールの女性たちに対するジャンジャウィードの残虐行為

スーダンでは大量虐殺が続いているが、誰も気に留めていない。

PR

2023年4月15日、モハメド・ハムダン・ディグロ(ヘメディ)率いる迅速支援部隊(RSF)が首都ハルツームでスーダン軍との戦争を開始した!これにより、500万人のスーダン人が避難することになった。https://twitter.com/iTsAnToOnY/status/1737036327017644271

(出典:https://twitter.com)

RSFは過去9ヶ月間、ハルツームで家財や車の窃盗、無差別殺人、女性への強姦などのテロを行っており、8000件以上の事件が報告され、数百万件のセクハラが確認されている。

PR

彼らが政府施設に対して行っている破壊の量の小さな例:

この戦争は純粋に権力と資源をめぐる戦いであり、緊急支援部隊は民間人を利用し虐待する犯罪組織である。なぜスーダン軍は反撃できないのかと人々は私に尋ねますが、答えは「分かりません」です。スーダン軍は彼らを守ることができますが、彼らはそうしないことを選択しており、民間人である私たちにはなぜそうなるのか全く分かりません。https://twitter.com/iTsAnToOnY/status/1737100819940376624

さらにいくつか追加したい点があります。アラブ首長国連邦について話し、それをスーダンで起こっていることに結びつけている人に出会うでしょう。その理由は、UAEが資金、公共料金、武器でRSFを支援しているためだ。RSFは国中のゴールドダンジョンへの無制限のアクセスを彼らに与えているので、彼らはその恩恵を受けるでしょう。https://twitter.com/iTsAnToOnY/status/1737104276181361028

スーダンには、アフリカ有数の金の産地として知られる金鉱山があります。2022年には50,000kgの金が生産され、1990年から2022年までの平均は5,774kgです。

近年、多くの金脈が発見され、金鉱がある町ではゴールドラッシュが起きていると言われています。北東部のアルイバイディヤは「黄金の町」とも呼ばれ、毎朝、へき地の小規模鉱山から鉱山労働者が集まります。

PR

RSFは、民兵組織「ジャンジャウィード」から発展した組織です。

迅速支援部隊(じんそくしえんぶたい)や高速支援軍(こうそくしえんぐん)とも呼ばれる準軍事組織。2003年頃から発生したダルフール紛争で、当時のバシール政権の支援を受けて反政府勢力と衝突した民兵組織「ジャンジャウィード」が源流である。民間人への虐殺行為で知られている。

PR

ダルフール紛争は、2003年2月にスーダン西部のダルフール地方で発生した民族紛争です。アラブ系遊牧民族とアフリカ系農耕民族(ともにイスラム教徒)の間で昔からあった水や牧草地などを巡る抗争を背景に、政府・アラブ系民兵と反政府勢力の本格的な武力衝突が勃発しました。
政府軍は「ジャンジャウィード」と呼ばれるアラブ民兵を「傭兵」として使い、結託して黒人系住民を襲撃しています。スーダン政府はアラブ人組織による虐殺行為を黙認、あるいは実行しているとして国際的に非難されました。
ダルフール紛争では、反政府軍兵士60,000人、300,000人以上の民間人が死亡しました。

PR

 

おすすめの記事