PR

不法移民とは、日本を含む多くの国で犯罪とみなされており、適切な許可なしにその国に入国または居住する行為、またはその国の移民法に違反する行為を指します。これには、不正入国、ビザや許可証の期限を超過して滞在する、不正書類の使用、人身売買や密輸への関与など、さまざまな行為が含まれる可能性があります。

PR

日本では、不法移民は当局によって深刻に受け止められていますか?執行機関は、多くの場合、国境警備、書類確認、移民執行活動などの措置を通じ、不法移民の事例を発見して対処するよう努めています。しかし犯罪は増加傾向にあります。罰則をもっと厳しく、重くするべきです。

日本人が外国人犯罪者の 被害に遭い始めてます 日本人女性は大人しいので 外国人のターゲットに なりやすいです しかも被害に遭っても 不起訴のケースも多いです

PR

不法移民は、国の安全保障、経済、社会システムに課題を引き起こす可能性があります。政府は、国境の安全を確保するために移民プロセスを管理すると同時に、亡命を求めている人や困難な状況に直面している可能性のある個人に公平に対処するよう努めていますか?

ドイツ・ショルツ首相が大規模な不法移民強制送還実施を呼び掛け 「より多く。より早く。不法移民強制送還しなければならない。」 日本は世界に逆行している。メディアも報道しない。自民党の移民政策は間違いなく破綻する。ヨーロッパで結果が出ている。

移民政策によりどんどん移民が増えて、その分社会保障費や医療、インフラ整備にも金がかかる。治安も悪くなり犯罪も多い。早急に不法移民は強制送還すべきだ。

法務省によると、令和5年7月1日現在の不法残留者数は7万9,101人です。これは令和5年1月1日現在の7万491人から8,610人(12.2%)増加しています。
性別では、男性が4万3,267人(構成比61.4%)、女性が2万7,224人(同38.6%)です。男性は令和4年1月1日現在と比べて4,151人(10.6%)増加し、女性は419人(1.5%)減少しました。
不法残留者による犯罪の割合は、平成22年中(西暦2010年中)の来日外国人刑法犯では7.0%でした。罪種別では、侵入窃盗では30.6%、侵入強盗では14.9%と高くなっています。また、知能犯では42.1%、凶悪犯では36.7%が不法滞在者によるものでした。

 

おすすめの記事