国民を不安に陥れるのが「裁判官のお仕事」なのか。生殖能力をなくす手術を望まない性同一性障害の患者が戸籍上の性別変更を求めた家事審判で、岡山家裁津山支部(工藤優希裁判官)は2月7日、手術を事実上の要件とした性同一性障害特例法の規定は憲法に違反するとして、申し立てを行った患者の「女性から男性への性別変更」を認めた。最高裁判所では2023年10月25日、最高裁大法廷で性別変更の必要要件としての性転換手術規定は「違憲・無効」と判断していた。

この最高裁の判断が出た後、やはりというべきか、堂々と「女湯」に押し入る男たちが現れた。

2023年11月17日、三重県桑名市長島町の温泉施設で、入浴客が女湯で体を洗っていた男を発見し、知らせを受けた従業員が警察に通報。愛知県春日井市の無職、43歳の男が建造物侵入の現行犯で逮捕された。

地元警察によれば、男は女装して受付を済ませる際、従業員が「女性の格好をしていたため、女性と判断」し、女湯のロッカーキーを渡したという。男は「心は女なので、なぜ女子風呂に入ってはいけないのか全く理解できない」と供述したという。

さらに12月8日には鳥取県米子市内の大衆浴場で、20代の女性入浴客が、女湯に入ってきた男に体を触られる事件まで起きた。

不同意わいせつ容疑で逮捕されたのは、米子市に住む32歳の無職の男で、やはり「心は女」「マッサージのつもりで触った」と主張し、容疑を否認。おまけに女湯押し入り男を「現行犯逮捕」した三重県警と違い、鳥取県警は女性入浴客にわいせつ行為をした男の「心が女なのか捜査中」という、ゆとり捜査発言まで飛び出した。

これらの事件が起きた後だけに、全国の裁判官がどのような判断を下すのかが注目されていた。

岡山家裁津山支部は今回、最高裁の判断を踏襲。申し立てを行った「男性」の名誉のために付け加えると、彼は手術は受けていないが、ホルモン治療は行っている。見た目もジェンダーレスで、交際するパートナーとの結婚を望むために性別変更を申し出た、という切実な理由もある。「異性と混浴するため」などといった下世話な性転換希望ではなかったのだ。

今回の判断は妥当として、逆の立場で男が「男性自身」を切らなくても女性と認められてしまうのか。「心が異性」と主張さえすれば、何をやっても許されるのか。裁判官が少し踏み込んだ「線引き」を提示しないと、これからも女湯に押しかける「性犯罪者」はあとを絶たないだろう。

(那須優子)

アサ芸プラス

(出典 news.nicovideo.jp)

PR

<このニュースへのネットの反応>

性同一性障害が認められたなら戸籍上の性別変更は構わんさ。だが女湯に入るには工事が必要。LGBT理解増進法が成立するときはそういう説明だったはず。他の女性の権利を侵害しない事が大前提じゃなきゃおかしい。

私も今日から性別は女わよ。なぜならそう言ったから。女扱いしない奴はシャベッ!で刑務所ね。

 

生殖能力のない男児は女湯入っていいルールからすれば性別ではなく生殖能力の有無が問題。性別とかって雑な括りにするからおかしくて、心が女子なら女子トーク混ざっていい、でも胃が男なら飲食費は女子会料金はダメ、体が男子なら心関係なく男子競技に出る。それじゃだめか?

PR

まあ、女を理由に有りもしない権利で破壊を楽しむ殺戮者と何一つ変わらないがな…

 

「体は男、心は女」の奴は女湯に入るが「体は女、心は男」で男湯に入る奴は居ない。少なくとも本当に悩んでる人達が求める答えでは無いと思うし、スポーツ風呂トイレは肉体の性別に準拠が一番分かりやすいと思うけどな。

 

体で分けてる施設なのに、心なんて証明できないものを基準にするなんておかしいだろ。他の女性に*との混浴を強要するのは*と一緒だ。

 

思想信条は元来自由であるからそれで行動を縛られる事はない。男女の区別は単純に身体を指す、そこに心なんて物を判断基準に入れる事はあってはならないし許されない

PR

裁判所が安直に性別変更を認めるのが大問題。性別変更なんて本来出来もしないものを安易に認めるとか何様だ神にでもなったつもりか。男女の在り方を論じるなら、性別が異なっても手続き各種が行えるようにするかを論じるのが筋道

 

記事を読んで裁判官に決定権があるかのように錯覚するのは憲法の性質を理解できてない。裁判官は憲法や法律に従ってるだけで、それで問題が起こるなら改正が必要というだけの話。

いいのか?男性の*って熱だと死滅しにくいから妊娠騒動が出てくるのが見えるんだけど?温水プールじゃ*は死滅する■男性女性でもないジェンダー専用の銭湯をジェンダー派が寄付して作れば解決だろ?共産党のせいであっちこっち問題が残ってて大迷惑◆あと1回ジェンダー名乗ったら経歴に男性女性ではない分類にすべき

PR

「刺青・タトゥーお断り」と同じように、「女湯は男*お断り」「男湯は女*お断り」にすれば解決。当然だけど、どっちもある人は男湯も女湯もアウト。

 

現実と異なる認識を真実だと信じ込むのを妄想と言う。ありもしない事をさも真実であるかのように装うのをペテンという。これらの人間が向かうのは精神病院か刑務所のどちらか

 

同姓同名がジェンダーに狙われるだよ、しってる

 

>>seath 解釈が捻じ曲がってれば判決も歪む。裁判官の裁量の正しさを担保する物なんて何もない。裁判官も権力者の一人なんだからそれらは常に審査されなければならない

PR

男*を備えたまま女性用風呂トイレ更衣室に入るのは公共の福祉に反するからアウトだろ。「犯されるかも」っていう本能的な危機感をまさか差別とは言わないよな?

 

身も心も男な普通の男はそもそも他の同性の男の体なんぞには一切興味無い(寧ろ嫌悪感すらある)心が女だと言い張る*は心置きなく男湯に入れ。女湯に入るのは普通に性犯罪だ。

 

>fdsa 病院もムショも税金掛かるんやから、そこは地獄に1本化して欲しいところやな。

PR

問題が絶対起こる未来しか見えないのに何故そんなイカれた判決が出せるのか理解に苦しむ

 

LGBTの権利を訴えていたヤツの望んだ通りに気持ち悪い社会になったな。ああ、気持ち悪いって思う多様性は認められずに叩かれるんだっけ?

 

女さんが望んだ多様性じゃないか。男女平等からあぶれていたLGBTも平等にしないとダメだぞ。

おすすめの記事