産経新聞は、1942年11月1日に創刊されました。産経新聞の特徴は、日本の国益と主権、健全な国家意識を大切にする立場から報道することです。

画像

(出典:https://twitter.com)

PR

通称名は、在日コリアンだけでなく、在住外国人全員が使用できます。

外国人が通称名を使用する理由としては、次のようなものがあります。

  • 外国人の社会生活上の利便性を考慮する
  • 長く日本に生活している外国人には通称名を使用している者も多い

在日韓国・朝鮮人は、歴史的な経緯により、本名ではなく日本名(通名)で生活せざるをえない在日韓国・朝鮮人もいます。

PR

通称名は、氏名以外の呼称で正式な名称ではないものの、特定の人や物、事象に対する呼び名として、国内における社会生活上通用している名前です。
通称名は、日常生活や職業上の理由から実際に使っている名前であって、戸籍に記載される氏名とは異なります。戸籍に届け出る本名とは違い、公式な届けなどには使えませんが、支障がない限り日常の生活では自由に定めることができ、使用が可能です。
外国人の方は、居住関係の公証のために住民票に記載することが必要であると認められる際、通称名をつけることができます。通称は住民票には記載されますが、在留カード及び特別永住者証明書には記載されません。

PR

在日コリアンなどが容疑者となった事件では、新聞社によって名前を本名か通称名で報道するかが異なります。

日本社会学会によると、産経新聞は原則として本名報道を行っています。
産経新聞は「モノをいう新聞」をキャッチフレーズとしており、事実に基づいて主張すべきことをはっきり主張する「産経ジャーナリズム」を報道の柱としています。
一方、朝日新聞は日本社会での差別・偏見の事情を総合的に判断し通称名で表記しています。

 

おすすめの記事