自衛隊員「装備品ボロすぎ」 政府はおかしい

 

自衛隊の靴にはさまざまな機能があり、自衛隊員が能力を発揮するためには予算が必要な場合があります。災害派遣や護衛・救助などの任務が多いことから、靴や服などの装備の研究開発にも予算を充てるべきという意見もあります。

トイレットペーパーの自費購入問題は解消?

自衛隊の各部隊内で日用品が不足した際、隊員が自費で購入していた問題が解消されました。

2018年11月に本多氏が国会で取り上げたトイレットペーパーの自費購入問題は、2021年5月21日の衆院安全保障委員会で岸信夫防衛相が解決したことを明らかにしました。
2018年12月15日には、岩屋防衛大臣がトイレットペーパーの自費購入の事実を認め、予算執行の優先順位を上げてトイレットペーパーを買うことを徹底すると国会で述べました。安倍総理も「このミクロの問題については直ちに対応していきたい」と述べました。
2020年度上半期の調査では、陸上自衛隊の部隊の1.4%で、隊員が予算の制約から自費でトイレットペーパーを購入していることが明らかになっています。

PR

2024年度予算案

画像

2023年度

  • 防衛費6.8兆円
  • 男女共同参画10兆円!!!

反日勢力による公金チューチューばかり。国民の血税をなんと心得るのか? これが国会議員の仕事か❓やめろ!😡😡😡😡

公金チューチューしてる団体調べると、何故か特定アジアの会社が出てくるんだけど もしかして日本でNPOとかほざいて金吸い上げている奴等って日本人じゃ無く外国に金を流すことが目的の外国の奴等なのではないか?

(出典:https://twitter.com)

PR

能登半島被災者支援をする

自衛隊員の方々の 「靴の中はずっとぐちゃぐちゃ」

自衛隊官舎もボロボロ

自衛隊官舎には、次のようなトラブルが報告されています。

  • 壊れていても修繕義務がない
  • 故障した設備を入居者が自腹で付け替える
  • ボロい
  • 退去時に大金を要求される(自衛隊官舎は、民間賃貸とは異なり、入居時に敷金や礼金の初期費用は発生しません。ただし、退去時には原状回復を行うことが義務付けられています。

PR

日本人学生より留学生のほうが優遇される

海外ばらまき額

厚生労働省の「2022(令和4)年 国民生活基礎調査」によると、2021年の日本の相対的貧困率は15.4%、貧困線は127万円です。これは、経済協力開発機構(OECD)が公表している各国の貧困率と比較した数値で、先進国で最も高い数値となっています。
日本の貧困率は、2012年には16.1%、2015年には15.7%、2018年には15.4%とわずかに改善傾向にあるものの、OECDの2021年の相対的貧困率を見ると、日本は先進国のなかでもっとも高く、G7中でもワースト1位となっています。

 

おすすめの記事