【悲報】自衛隊官舎ボロすぎ →議員宿舎綺麗すぎ

 

どう思いますか?

画像

(出典:https://twitter.com)

PR

自衛隊の官舎は、大半が昭和に建てられた物件で、老朽化している物件も少なくありません。頻繁に転勤する幹部自衛官は、保証金や敷金が不要な官舎を選ぶしかなく、幸運に恵まれない限りは古い官舎に住むことになります。
また、きれいな官舎は人気があり取り合いになるため、古い官舎に住むことになります。官舎は月10万円以上かかるため、自衛官の待遇は悪いという意見もあります。
自衛隊法第55条1項では、自衛官は防衛省令で定めるところにより、防衛大臣が指定する場所に居住しなければならないと定められています。

(出典:https://twitter.com)

PR

自衛官とは、日本の防衛省が管轄する自衛隊に所属する国家公務員です。自衛隊には陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊の3つの組織があり、それぞれ日本の領土・領海・領空を警備し、有事の際に守るのが仕事です。
日本国民を守ってくれている自衛隊員の待遇改善を求めます。

木原稔(きはら みのる)は、1969年8月12日生まれの日本の政治家です。自由民主党所属の衆議院議員(5期)、防衛大臣(第25代)を務めています。
木原大臣は2023年9月14日に着任式を行いました。着任式では、儀仗広場で栄誉礼を受け、全職員に対し訓示を行いました。その後、新旧大臣による事務引継ぎが行われました。
政府は23〜27年度に防衛費を43兆円確保するため、5年間で14.6兆円程度を追加で賄う構想です。内訳は、
  • 税外収入で4.6兆〜5兆円強
  • 決算剰余金の活用で3.5兆円程度
  • 歳出改革で3兆円強
  • 残りを所得税・法人税・たばこ税の増税

おすすめの記事