北朝鮮、ミサイル撃ってきてたのに見舞いの電報

 

ミサイルバンバン撃ってきてたのに?

 

ネットの声

ミサイル打たずに ずっと電報だけ打ってて もらえませんかねぇ…

これを機に日本と北朝鮮の仲が良くなってくれれば… いろんな意味で…

PR

北朝鮮は1995年の阪神淡路大震災の際にも、当時の首相名で慰問電を送るなどしています。

2011年3月11日に発生した東日本大震災の際には、北朝鮮は最高人民会議の常任委員長名義で在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)に電報を送りました。

また、東日本大震災の支援として、日本赤十字社に10万ドル、在日朝鮮人には50万ドルの義援金を送りました。

2004年の新潟中越地震の際には、日本に10万ドルの見舞金を送りました。

しかし

PR

1970年から1980年頃にかけて、北朝鮮による日本人拉致が多発しました。

現在、政府は17名を北朝鮮による拉致被害者として認定しています。
2002年に北朝鮮が日本人拉致を認め、日本政府が認定している17名のうち5人が帰国しましたが、残りの12名の帰国は実現していません。

北朝鮮側は、このうち13人(男性6人、女性7人)について、日本人拉致を公式に認めており、5人が日本に帰国しているが、残り12人については「8人死亡、4人は入境せず」と主張しています。
日本政府は横田めぐみさんら安否不明者12人の帰国を求め続けているが、進展はありません。

ただ、この間、両国による水面下の協議で北朝鮮側から「重要情報」が寄せられていた。

北朝鮮が入国を認めていなかった2人が「生存している」という情報です。

和歌山県すさみ町では、拉致被害者とその家族を支援するための義援金委員会が設置され、義援金口座が設けられています。
日本政府は、北朝鮮に対し、すべての拉致被害者の安全確保と速やかな帰国を求めています。

PR

拉致問題。北朝鮮の敵は韓国。反日は中国と韓国。複雑な心境です。

 

北朝鮮がまた砲撃、黄海で60発以上

 

おすすめの記事