イランで2回の爆発 死者・負傷者多数

 

2024年1月3日、カセム・ソレイマニ司令官を追悼するイランの式典で2回の爆発があり、100人近くが死亡、多数の負傷者が出ました。国営メディアは、この爆発はテロ攻撃だと報じています。

* 警告、グラフィックビデオ *

イラン国営メディアが共有したビデオには、カセム・ソレイマニの埋葬地での「テロ攻撃」の犠牲者が映っている。 IRGCのタスニム・ニュースは、墓地の入り口で「爆弾が詰まったスーツケース」2個が明らかにリモコンを使って爆破されたと報じた。

PR

カセム・ソレイマニ(Qasem Soleimani)は、イスラム革命防衛隊(IRGC)の特殊作戦部隊であるゴドス部隊(Quds Force)の司令官を務めた人物です。日本語メディアでは、ガセム・ソレイマニ、カセム・スレイマニとも表記されます。
2020年1月3日、当時の米トランプ大統領の命令により、イランの精鋭コッズ部隊を長年指揮してきたカセム・ソレイマニ司令官は殺害されました。バグダッド国際空港を発った2台の車列が米空軍の無人機MQ-9ヘルファイアの一斉砲火を受け、カセム・ソレイマニ少将を含む10名が死亡しました。

PR

同日、誰かがテヘランのカセム・ソレイマニ氏の看板に火を放ったとされる映像

PR

カセム・ソレイマニ氏を殺害した米国の無人機攻撃から4周年を迎え、イランの個人グループが同氏を追悼する看板に放火したようだ。この反抗的な行為は、政権とその軍指導部に対する象徴的な抵抗の意思表示とみなされる可能性がある。未来を予測することは不可能だが、看板の放火は、一部のイラン国民の間で国内の変化と自由の拡大を求める感情が高まっていることを表しているのかもしれない。ただし、イランの政治情勢は複雑であり、国民の間には多様な視点や意見が存在することを心に留めておくことが重要です。世界がこれらの出来事の展開を見守る中、この反抗的な行為がイランとその国民の将来にどのような影響を与えるかはまだ分からない。https://twitter.com/motivatedpso/status/1742659827417985347

PR

 

おすすめの記事