男性が「狂犬病」にかかる様子

 

(翻訳)1955年の映像には、オオカミに噛まれたイラン人男性が狂犬病にかかる様子が映されている。狂犬病は臨床症状が現れるとほぼ 100% 致死率になります。歴史上、狂犬病から生き残った報告例は 29 件しかありません。

PR

狂犬病は、狂犬病ウイルスを保有する動物に咬まれたり、引っ掻かれたりして発症する人獣共通感染症です。世界では年間5万人以上が死亡しており、発症するとほぼ100%死亡します。

狂犬病の症状は次のとおりです。

  • 発熱、頭痛、倦怠感、筋肉痛、疲労感
  • 咬まれた部位の痛みや知覚異常
  • 興奮や不安状態、錯乱・幻覚、攻撃的状態
  • 水を怖がる
  • 昏睡から呼吸停止
  • 強い不安感、一時的な錯乱
  • 水を見ると首(頚部)の筋肉がけいれんする(恐水症)
  • 冷たい風でも同様にけいれんする(恐風症)
  • 高熱、麻痺、運動失調、全身けいれん

狂犬病の潜伏期間は平均で1~2ヶ月ですが、時には7年間の例も報告されています。

日本では、1950年に狂犬病予防法が制定され、犬の登録、予防注射、野犬等の抑留が徹底されるようになり、狂犬病を撲滅しました。

PR

彼らは飲み込むことができません

PR

 

おすすめの記事