続く謎の死 テロリストが心臓発作で死亡

 

パキスタンを拠点とするカリスタニのテロリストでありインドの敵であるLakhbir Singh Rode(71歳)が、2023年12月1日にパキスタンで死亡。

未知の人物

謎は続く

PR

彼はインドに対する陰謀を企てていたが、その後謎の死を遂げた。

ロード氏は、逃亡先のパキスタンで火葬された。

PR

合わせて読みたい

Lakhbir Singh Rodeは、シーク(シク)教徒の活動家とカリスタン運動に関連する著名な人物です。彼はシーク教の政治に関与していることで知られており、インドの独立したシーク教国家カリスタニの要求に関与しているとされています。

 

【シーク教(シク教)】

15世紀末にインドでナーナクによって創始された一神教です。ヒンドゥー教とイスラム教を融合させ、偶像崇拝やカースト制度を否定しました。

 

カリスタニ】

シーク教徒の分離運動活動家を指します。カリスタニ分離主義者は、インドの農民の闘争を率いているとされています。

カリスタニは、1970年代にバーミンガムに旗を掲げました。また、カリスタニのグループは、カナダの主要都市にあるインドの外交使節団の外で抗議するようメンバーに呼びかけています。

カリスタニの活動は、内紛や死亡者によって縮小していると言われています。

PR

ロード氏は、カリスタニの創設を主張するシーク教徒の過激派組織であるババール・カルサ・インターナショナル(BKI)のメンバーであった。彼はしばらくの間BKIの長官も務めた。BKIはインド、カナダ、米国を含む各国によってテロ組織に指定されている。

・1998年、ネパールのカトマンズ近郊のテクで20kgのRDX爆発物を持っていたとされ逮捕された。

・Jarnail Singh Bhindranwaleの甥で、Bhindranwaleの死後、パキスタンに逃亡。

カリスタン運動におけるロード氏の役割は物議を醸しており、彼の行動はインド国内だけでなく国際的にも、特にインドのシーク教徒コミュニティが直面する問題の平和的解決を支持する人々の間で精査の対象となっています。

 

おすすめの記事