テロリストが「刑務所内で正体不明の男たちによって毒殺される」

 

テロリストにとって安全な場所であるパキスタンの刑務所内で、Sajid Mir(サジド・ミール)が「正体不明の男たち」によって毒殺される。

複数の報道によると、彼は危篤状態で人工呼吸器のサポートを受けていた。彼は何か言おうとしていたが、話すことができなかった。

また厨房で働いていた専属料理人が行方不明となっており、パキスタン当局が逮捕を試みている。

PR

ムンバイテロ攻撃の主要な共謀者の一人であるSajid Mir(サジド・ミール)は、パキスタンに本拠を置く武装組織ラシュカレ・タイバ(LeT)に関係する重要人物であると考えられている。

PR

2008 年のムンバイ攻撃としても知られる 26/11 ムンバイ攻撃は、インドのムンバイで 2008 年 11 月 26 日に始まり 11 月 29 日まで続いた一連の組織的テロ攻撃でした。攻撃は市内のいくつかの場所を標的にしました。タージ マハル パレス ホテル、オベロイ トライデント ホテル、ナリマン ハウス (ユダヤ人コミュニティ センター)、チャトラパティ シヴァージー マハラジ ターミナル駅などの有名なランドマークが含まれます。

襲撃犯はパキスタンに本拠を置く過激派組織ラシュカレ・タイバ(LeT)のメンバーで、各地で銃撃や爆破を行い、悲劇的な人命損失をもたらし、広範囲にパニックと混乱を引き起こしました。一部の場所での包囲は数日間続き、治安部隊は攻撃者を無力化して人質を救出するために激しい作戦を展開。

この攻撃により、インド人と外国人を含む160人以上が死亡し、数百人以上が負傷。この事件は、その規模、巧妙さ、民間人を意図的に標的にしたことから、世界的な注目と非難を集めました。

LeT関連の重要人物とされるサジド・ミールは、攻撃の計画と調整に重要な役割を果たしたと考えられ、捜査と諜報報告書は、作戦の指揮に彼が関与していることを示唆しています。

26/11ムンバイ攻撃はインドの安全保障政策に大きな影響を与え、テロと戦うための国際諜報機関間の協力の強化につながりました。

PR

ラシュカレ・タイバ (LeT) は、1980 年代後半に設立されたパキスタンを拠点とする過激派組織です。元々はカシミールにおけるインドの支配に対抗するために設立されましたが、その後、より広範な地域的および国際的な志を持つグループに発展しました。LeTは、インド、米国、英国などを含む複数の国によってテロ組織に指定されています。

このグループはインド統治下のカシミール地方でのさまざまな攻撃に関与しており、2008年のムンバイ攻撃など、注目を集める作戦を実行。またLeTはパキスタン情報機関内の分子から支援を受けていると非難されており、他の過激派組織とのつながりについて厳しい調査に直面しています。

パキスタン政府は長年にわたってLeTの活動を抑制する措置を講じてきましたが、このグループの影響力と活動は続いています。

 

おすすめの記事