中核派によって殺害された若き警察官

PR

1971年11月14日に東京・渋谷で起きた暴動事件は、中核派やその関連組織が関与した重大な事件の一つとして知られています。この日は、当時の安保闘争(安保条約反対運動)や沖縄返還に伴う問題に抗議するデモが行われていました。

中核派とフロントによる渋谷暴動で火炎瓶によって火だるまとなった機動隊員

中核派(ちゅうかくは)、正式には「革命的共産主義者同盟全国委員会(かくめいてききょうさんしゅぎしゃどうめいぜんこくいいんかい)」は、日本の新左翼を代表する政治団体の一つです。中核派は1963年に日本共産党の学生運動組織である共産主義者同盟から分裂して成立しました。彼らは日本共産党の方針に反対し、より急進的な革命路線を主張しました。

PR

渋谷暴動事件の詳細
– 背景:1971年は日本国内で安保闘争や沖縄返還運動が活発に行われていた時期でした。中核派やその他の新左翼組織は、これらの政治課題に対して強い反対運動を展開していました。
– 事件当日:11月14日、東京・渋谷で大規模なデモ行進が行われました。このデモには中核派やその関連組織のメンバーが多数参加していました。デモは次第に暴徒化し、警察との激しい衝突が発生しました。
– 火炎瓶事件:衝突の中で、デモ参加者が火炎瓶を投げつけ、その一つが機動隊員に当たり、隊員が火だるまとなりました。

事件の影響
– 社会的影響:この暴動事件は、日本国内での新左翼運動に対する批判を一層強める結果となりました。特に、中核派の過激な活動が大きな社会問題として認識されました。
– 法的対応:この事件を受けて、多くの参加者が逮捕され、司法当局による厳しい取り締まりが行われました。また、警察のデモ対策も強化されることとなりました。

PR

その後の動向
– 中核派の活動:渋谷暴動事件以降も中核派は活動を続けましたが、内ゲバや組織の分裂が進む中で、影響力は次第に低下しました。それでもなお、労働運動や反戦運動などを通じて一定の存在感を保ち続けています。

1971年の渋谷暴動事件は、日本の新左翼運動史における象徴的な出来事の一つであり、当時の政治的・社会的情勢を理解する上で重要な事件です。この事件はまた、警察とデモ参加者の間の衝突の激しさを示す例としても記憶されています。

PR

中核派の主な特徴
1. 革命路線:中核派は資本主義の打倒と労働者による社会主義革命を目指しています。彼らは暴力革命を含む直接行動を重要視してきました。
2. 労働運動:中核派は労働運動に強い影響力を持ち、多くの労働組合と連携しています。特に全国労働組合総連合(全労連)や全日本学生自治会総連合(全学連)などとの結びつきがあります。
3. 学生運動:中核派は学生運動にも積極的に関与しており、大学キャンパスでのデモや抗議活動を行ってきました。
4. 内ゲバ:中核派は他の新左翼団体、特に革マル派(革命的マルクス主義者同盟)との激しい対立と衝突(いわゆる「内ゲバ」)がしばしば報じられてきました。

PR

歴史
– 1960年代:中核派は日本の学生運動や反戦運動(ベトナム戦争反対運動など)で大きな役割を果たしました。
– 1970年代:他の新左翼団体との対立が激化し、内ゲバが多発しました。
– 1980年代以降:日本国内での新左翼運動が低迷する中でも、中核派は活動を続け、労働運動を中心に影響力を維持しています。

PR

中核派は現在も活動を続けており、主に労働運動や反原発運動、反戦運動などでその存在感を示しています。しかし、過去の内ゲバや暴力行為からくる負のイメージも強く、一般社会からは批判されることが多いです。

PR

おすすめの記事

PR