中国の富裕層が日本の不動産を買い占めている

 

知らない間に中国人オーナーのアパートを借りてしまう人が増えそうですね。 管理会社は日本の会社が入るとは思いますが、突然退去しろとか言われるケースが増えそう。

PR

中国人が日本に不動産を購入する理由には、次のようなことが挙げられます。

  • 距離が近く、物価や家賃、食費が安い
  • 治安が良く、子どもが一人で出かけられるほど安全である
  • 中国にはない土地所有権の取得や円安、利回りのよさ、物件の割安感
  • 日本の不動産は所有権が永続する
  • 中国バブルが崩壊する可能性、不動産不況、政治問題など、国内のリスク要因がとても多く、自らの老後が心配だから
  • 日本の不動産は世界的に見るとまだまだ安い
  • 日本の規制が他の国に比べてかなり緩い

PR

中国では、個人は土地を所有できません。国民が購入できるのは、建物とその土地の「使用権」のみです。使用権は最高30年を目安に林業や農業などの仕事を委託するという仕組みで、その時点で使用権は失われます。
中国の土地は、国家所有または農民の集団所有に属するとされています。都市の中心区域の土地は国の所有に属し、農村の土地や都市の郊外地区の土地は、法律の規定により国の所有に属する場合を除き、農民集団所有に属します。

PR

中国の不動産市場はバブルの様相を強めており、中国のGDPに占める不動産業の割合は関連産業を含めると29%あり、不動産業の経済活動が20%落ち込むと、GDPは5~10%減少する可能性があるとされています。

PR

日本の不動産は、外国人であっても日本人と同様に所有権を取得することができます。日本には、日本の不動産を購入することに関する法的規制は設けられていません。また、購入した不動産を自由に売買したり、相続・贈与したりといったことも可能です。
2000年代後半から中国人が日本の不動産に食指を動かし始め、2010年代の訪日旅行ブームをきっかけに、多くの中国人が日本の不動産の安さに気づきました。中華圏の投資家向け調査では、貯蓄の5割以上を日本の不動産に投資したいと考えている人が2割以上もいるといわれています。
外国人が購入した不動産の手続きについては、宣誓供述書の作成、納税管理人の選定、日本銀行への外為法上の届出等、ケースにより日本人の場合とは異なった多くの手続きが必要です。

PR

中国では、不動産の転売が富裕層の要因のひとつとして挙げられています。また、中国の高収入若年層の収入源は、給与が主な収入源ですが、男女を問わず6割以上が投資や資産運用、およそ3割が副業による収入を得ています。
2009年にマッキンゼー・アンド・カンパニーが行った調査によると、年収200万元(約4000万円)以上を富裕層と定義しています。また、中国では富裕層を「富裕人士(fù yù rén shì)」と呼び、創業企業の価値と居宅不動産を含み1千万人民元以上の資産を有していることが必須とされています。
中国の富裕層は、大規模投資家への圧力や政治情勢の混乱を受け、巨額の個人資金を国外に移し、自らも海外移住する中国の大富豪が急増しています。中国国内における民間企業への規制強化、厳しいゼロコロナ政策、政治体制への不安、米中対立の激化などが背景にあります。

 

おすすめの記事