イランの連続爆発、イスラム国ISISが犯行声明 特殊部隊を準備か

2024年1月4日、イスラム教スンニ派の過激派組織「イスラム国(IS)」は、イラン南東部ケルマンで発生した爆発事件について犯行声明を発表しました。
テロ攻撃を実行したと主張するテロリスト2人
声明によると、ISのメンバー2人が爆発物が入ったベルトを群衆の中で爆発させ、300人以上を死傷させたとしています。爆発は、2020年にアメリカに殺害されたイラン革命防衛隊のカセム・ソレイマニ司令官の墓所近くで起きた、ソレイマニ氏の死後4周年を追悼するために集まっていた群衆を襲ったものです。

PR

イランは、国中および国外でのISISに対する作戦の可能性に備えて特殊部隊を準備している。これらの部隊は、地上作戦だけでなく、UAV による空中作戦も行うことができる。

PR

軍事部隊をアフガニスタンとの国境に移送か

PR

イランにおける過去最悪のテロ攻撃

カセム・ソレイマニ氏追悼式典でのテロ攻撃により、これまでに103人が死亡、141人以上が負傷した。

PR

革命防衛隊のサラミ将軍は「ISISイスラエルとの手先だ」と述べたと報道されている。
ISISがイスラエルの敵を攻撃しているなら、ハマスとISISはどうなのだろうか?謎。

 

おすすめの記事