衝撃 子供の頭蓋骨の恐ろしい光景

 

乳歯のある子供の頭蓋骨

乳歯が生え変わるのを待っている、下顎骨の内側の歯が示されています。

PR

PR

PR

乳歯とは、子供のときに生える歯のことです。乳歯は、永久歯が生えるまでの間、食物を噛んだり、正しい発音をしたり、顎の発育を助ける働きがあります。また、永久歯が正しく生えてくるためのスペースを維持するという重要な役割もあります。

乳歯は、前方から順に乳中切歯、乳側切歯、乳犬歯、第一乳臼歯、第二乳臼歯と呼ばれています。

乳歯の生える時期は次のとおりです。

  • 生後6カ月ごろから、下の前歯(乳中切歯)2本が生え始めます。
  • 1歳半ごろまでに上の前歯2本と上下前歯の横の歯(乳側切歯)4本が生えます。
  • 1歳半を過ぎると奥歯(乳犬歯と第一乳臼歯)が生え、計16本になります。
乳歯は、永久歯に比べてやわらかく酸に弱いため、むし歯になりやすいです。

おすすめの記事