ロシア軍によるウクライナ侵略【情勢・状況】4/29~30

 

ツイートが表示されない場合は、投稿者によって削除されています。

 

4月30日、ウクライナ東部の状況の地図。

ウクライナ軍はRus’ka Lozovaを解放し、Momotoveをクリアすることにより、ハリコフ周辺の地域を確保するための努力を続けました。

)イジューム東のウクライナの部隊は包囲の危険にさらされています。彼らは、ドネツ川の北に閉じ込められる危険性があります。 ロシア軍はRubizhnePopasnaを確保するための努力を続けています。

 

65日間でのロシアの損失。兵士は23000です。

 

ウクライナは爆発物の技術者が足りず、爆発物がある領土の一掃の手伝い世界に呼びかけています。

 

 

ロシアの傭兵民間軍事会社ワグネルが暗躍。戦闘専門の傭兵部隊。プーチン大統領の側近プリゴジン氏が運営。シリアやリビアなど世界の紛争地に関与。ウクライナには約8千人の傭兵を派遣。大量虐殺関与の疑惑。

戦場カメラマン:渡部陽一

 

ロシアは石油をうまく輸出し、制裁を回避。西側諸国の大規模な石油禁輸措置を回避する為に単純な手口を採用。自国の石油にトルコやリトアニアの石油を混ぜ、トルコ産混合物等と偽装して販売するので禁輸対象にならないとの事。

https://exxpress.at/so-taeuscht-uns-putin-russland-nutzt-trick-um-oel-embargo-zu-umgehen/

 

ハリコフ。どこかで火災が発生しました。




 

ロシア軍が占有している石油貯蔵所は、ドネツクで燃えています。地元の人々が、何らかの手段で妨害しているとも言われています。

 

アゾフ大隊のメンバーが避難している、アゾフスタリ工場の地下のトンネルの奥深くです。とても酷い状況です。

 

ロシアの黒海艦隊潜水艦からミサイルの発射。

https://twitter.com

 

ウクライナ軍は、MLRS「Hurricane」を発砲しています。

 

音量注意です。

ライブストリーミング中のマリウポリでのチェチェン兵「最初の目標は達成されました。 A+の仕事。これまでのところ、負傷者は3人だけです。」と言っているようです。おそらく最後の言葉です。

 

閲覧注意です。

マリウポリ。戦争で荒廃した通りを横断しようとすると、複数のロシア兵が撃たれます。

仲間を助ける勇敢な兵士、これは私の推測ですが、死んだ仲間を神聖であると考える南オセチア人だと思われます。貧しい地域からの傭兵は、防弾チョッキは自費など、扱いが酷いようです。以前、南オセチア人約300人が脱走し、ヒッチハイクでウクライナを脱出したことがありました。その理由は、死んだ仲間を見捨てなければならない、という指示に不満をもったためだと言われています。

 

ロシアのロストフ地域での爆発が発生しました。詳細はわかっていません。

 

おすすめの記事