ロシア軍によるウクライナ侵略【情勢・状況】4/21~22

 

ツイートが表示されない場合は、投稿者によって削除されています。

 

ロシアのプーチン大統領は一方的にマリウポリ制圧を宣言。しかしアゾフスタリ工場にはウクライナ兵士約2500人、地下シェルターには避難する市民数百人が孤立し、アゾフスタリ工場の人道回廊は爆撃で機能していません。マリウポリ市長の顧問は、「プーチンがアゾフスタ工場への攻撃をキャンセルしたとされているにもかかわらず、現在工場への砲撃が行われている。」と述べました。

「状況は難しく、悪いです。昨日から変わっていない。」とゼレンスキーは記者団に語った。

昨日、イリーナ・ベレシュチュクは捕虜交換の結果を発表しました。19人が捕虜から返還されました。10人の軍人と9人の民間人です。

 

4月22日、ウクライナのおおよその状況の地図。

 

オスキル川の東岸でのロシア軍の前進は、今日も再び進んでいます。ロシア軍はLozoveを捕らえ、戦闘はRubstiとYats’kivkaに到達しました。

(下)南部では、ロシア軍がVelykaNovosilkaの南と西の多くの村を支配しました。

 

マリウポリの住宅内。




 

状況が悪い中、ウクライナ軍の攻撃の成果もみられます。

4月21日、ウクライナ軍は15の空中標的を攻撃しました。3機の戦闘爆撃機(暫定Su-34、Su-35、Su-25);  3機のヘリコプター(2機のMi-8と1機のKa-52);  9機のOTR UAV(Orlan-10)ドローンです。

ドネツクおよびルハンシク地域では、ウクライナ軍が占領者による10回の攻撃を撃退し、6台の戦車・4個の砲兵システム・およびその他の軍事ハードウェアを破壊しました。

 

T-90A「ウラジミール」戦車のコストは350万ドルです。

T-90A

 

T-72Bに対して使用されているウクライナのスタグナPATGMの映像。ヒットに成功しました。

 

4月21日、サポリージャ。ウクライナの空挺部隊がスティンガーでロシアのヘリコプターを撃墜した瞬間。

 

 

偵察しているウクライナのドローンからの映像。ある時点で、兵士がズボンを下ろしているのを見ることができます。

 

これは、占領下のヘルソンの店です。

 

ロシア国防省の航空宇宙軍の研究所は完全に燃えています。ここでは、Iskanders・C-400ミサイル・Su-27およびTu-160用のステルスシステムが設計および開発されました。これまでの犠牲者は5人、負傷者は30人です。

 

今日、別の火災が発生しました。今回はドミトロフスキー工場で発生しました。このプラントは、ロシアで最大の工業用溶剤および化学薬品メーカーの1つです。同じ日に2回の大火事。

https://twitter.com

ロシアは防火協議が必要です。最初に巡洋艦を燃やし、現在は研究所・工場を燃やしました…

 

おすすめの記事