ロシア軍によるウクライナ侵略【情勢・状況】4/18~19

 

記事下は閲覧注意です。

ツイートが表示されない場合は、投稿者によって削除されています。

 

4/19、おおよそのウクライナの状況の地図です。ハリコフ、ルハンシク、ドネツク戦線でのロシアによる大規模な攻撃が始まったようです。 ロシア軍は最近よりもはるかに重い、ウクライナへの砲撃を開始しました。

 

日本海・東シナ海では、米空母打撃群との共同訓練が終了しました。

 

ウクライナ軍の兵士と将校。これらの人は、敵の打撃を受けて攻撃者を阻止する最初の人です。 歩兵は強さであり、歩兵は栄光です!

https://twitter.com

 

マリウポリの防衛は続いています。敵の圧倒的な力にもかかわらず、アゾフ連隊の戦闘員は反撃します。待ち伏せで手榴弾を投げつけているときに、塀の脇や赤いバンの下に隠れている絶望的な兵士が映っています。

出典:https://twitter.com

 

アゾフ大隊のマリウポリからの独占映像。完全な封鎖、重砲と航空機による砲撃にもかかわらず、戦闘員は激しく戦い反撃を行っています。 

 

どこで撮影されたのかわからないですが、これは戦いの様子です。とても怖いです。

https://twitter.com

 

ロシア軍によるハリコフへの攻撃。

 

Mykolaivで大爆発が聞こえます。民間人は死と隣り合わせです。




 

窓から見える恐ろしい映像は、ロシア軍の砲撃による着弾。

 

銃弾が刺さったスマートフォン。奇跡的にスマートフォンに救われた、ウクライナ軍の兵士です。

 

ロシア兵の会話の新たな傍受:彼は妻に、「ニコラエフ近くのウクライナ人を殺害する部隊では、戦闘員の損失が70%に達する。」と語った。

 

 

軍艦モスクワの沈没により、沈没場所がダイバースポットになることが予想されています。下は、そのアニメーションです。

 

Googleマップは、ロシアの秘密の軍事施設と戦略施設を隠すことをやめました。一般の人が閲覧できるようにします。ピクセルあたり0.5mの解像度でICBM、コマンドポストなどを含むすべての機密エリアが公開されます。

https://twitter.com

 

閲覧注意です。

「電動ライフル旅団の兵士で中隊長です。このビデオは4月2日に撮影されましたが、体は依然としてロシアによって請求されておらず、承認されていません。」

 

おすすめの記事