【閲覧注意】戦争の現実~ロシアによるウクライナ侵略①④

 

4月11日午後3時、ヘルソンとムィコラーイウの詳細地図 。SnihurivkaとOleksandrivkaは完全なロシアの支配下にあり、決して解放されませんでした。地元の人は「Oleksandrivkaの村では防御も戦いもなかった。」と言っています。

 

4月11日23:14、ウクライナの航空警報の地図です。警報は異常な分布がみられます。ロシアの空爆のほとんどは、西部に集中しているのでしょうか。

https://twitter.com

 

ロシアは、 ウクライナとの国境近くのBelgorodで線路が妨害されたと主張している。 これは、ロシアのBelgorod地域の長によって発表されました。

ウクライナの少女はロシア兵の喉を切ります。これは、ウクライナのソーシャルメディアで話題になっている「愛国的な」ビデオです。

 

ウクライナの民間人は、破壊された車からキエフ州の家族の死体を回収します。車はロシアのBMPによって引き裂かれました。子供はたった2歳でした。

 

ロシア軍、カディロフが率いるチェチェン兵は、軽い怪我で幸運でした。民家で休みます。

https://twitter.com

 

これは、チェルノブイリに塹壕を掘って滞在した後のロシアの兵士です。現在、全員がひどく照射しているようです。

人間の体はたくさんの細胞でできており、放射線は細胞の遺伝子を傷つけます。少量であれば、すぐに傷が修復されて人体に影響は出ませんが、大量に放射線を浴びると、傷の修復が追いつかず、細胞が分裂できず死んでしまったり、がん化したりします。放射線の影響を受けやすいのは、新しい細胞をつくるために分裂を多く繰り返している、皮膚、消化管粘膜、骨髄、生殖細胞(精巣、卵巣)などです。一度に大量の被ばくをした場合、血液障害(例 白血球の減少)、消化管障害(例 嘔吐、下痢)などの急性放射線症になることがあります。これは、被ばく後、数日から数週間で発症します。また、比較的少ない量の被ばくでも、被ばく後、数年以降、発ガンや白内障などの障害がおこる危険性もあります。

https://twitter.com

 

彼はロシアのアルメニア人です。彼には2人の小さな子供がいたことをすぐに思い出しました…

 

兵が射*されました。

画像

https://twitter.com

 

中には年配の方もいるようです。

https://twitter.com

 

おすすめの記事