【閲覧注意】戦争の現実~ロシアによるウクライナ侵略⑦

 

4月7日、ウクライナの状況の地図。初期の地図では、ウクライナ北部の上部にも赤い部分を持っていましたが、それはすべてなくなっています。 

https://twitter.com




 

ウクライナ軍によると、4月7日現在の、ロシアの損失の指標となる推定値です。

 

ウクライナ領土防衛部隊「ロシアの自由」に加わったロシア軍の兵士「捕われの身で、これは特別な作戦ではないことに気づきました。今日、私は軍団の一員として戦争を終わらせるためだけでなく、私の国の人々の自由のためにも戦っています。」 と述べています。一方で「スパイかもしれない」という人もいますが、ウクライナ軍は、心理を見抜く能力が長けているそうです。

ロシア兵捕虜

 

激しい戦闘の後、解放されたイルピンの様子 。街はめちゃくちゃです。

 

ロシア軍の攻撃は続いています。ハリコフ地方、教会の隣での今日の爆発の瞬間。

 

ドンバスライン、ロシア軍に対するウクライナ軍のMi-24/Mi-8ヘリコプターの攻撃からの画像。このようなビデオが共有されたのは、おそらくこれが初めてです。

ヘルソン地域、ロシア軍の砲兵部隊への攻撃。

キーウ出身のドミトリー・ヴァレリーヴィッチ(1968年生まれ)。彼は清掃業を営んでいた。彼はブチャで死んでいるのが発見され、彼の体は激しい拷問の兆候を示していた。これは前後の彼です。

 

ウクライナの兵士は、車が爆発した後、兵の運命を記録しています。

恐ろしい傷を負った将校は、ウクライナの兵士によって記録されています。母親は「子供として認識できなかった」と言います。 少尉以上の軍人は、家に帰れるのでしょうか?

 

おすすめの記事