【閲覧注意】戦争の現実~ロシアによるウクライナ侵略④

 

4月4日、戦車ではなく自走砲が、ロシアからウクライナへ向かっている。自走砲は、連射能力に加え射程距離も長く、もちろん命中精度も高い。射撃する弾種で違いはあるが、最大射程は約30kmロシア軍は安全な距離で攻撃することを目的としています。戦いの進め方については非常に悪いニュースです。彼らは止めるのがより難しくなり、主に無差別に殺します。これは意図的で、より多くの民間人の死傷者を意味します。

ゼレンスキー大統領、2月23日(上)とブチャを訪れた時(下)です。

https://twitter.com




 

ウクライナ、タチアナ・ペトロヴナ(72歳)の、親戚の2人の遺体が横たわっている庭。彼女は、花・クッキー・クラッカーをそれらのそばに置くために持ってきました。

https://twitter.com

 

手を縛られている女の子は、レイプされ殺されました。3歳です…

https://twitter.com

 

置き去りにされた兵士です。

https://twitter.com

 

戦争全体は人生の無駄です。

https://twitter.com

 

キーウの北東、捕らえられた軍用車両と、グルジアのボランティアとウクライナの軍隊。致命傷を負った兵は、解放されました。あなたが聞くいびきは死期呼吸であり、差し迫った死の兆候です。

https://twitter.com

 

吹き飛ばされた兵のわずかな残骸。彼の服は爆発で吹き飛ばされた。棺桶に入り家に帰ることすらありません。

https://twitter.com

 

吹き飛ばされ亡くなった兵。ボディバッグが家に帰ってきたら、母親はどのように反応しますか?

https://twitter.com

 

おすすめの記事