茨城県小川脳病院  廃墟

 

NO.9398719

茨城県小川脳病院
茨城県小川脳病院

茨城県の心霊スポットとしても有名な【小川脳病院】に、ガルエージェンシー日立の草野代表と行って来ました。山を切り開き広大な敷地に小川脳病院が建設されたのは30年以上前の事です。

当時集落の人口も現在よりは多く、子供たちが新しい病院のお風呂に入りにいったり、グラウンドで遊ぶこともあったそうです。噂になっている、精神病患者の入院施設ではなく、新設されたきれいな病院でした。

ただ、立地の問題だったのか、新規の患者さんが一切なく約3か月で閉鎖されてしまったそうです。その後、近くの集落も時代の流れから都会へ移住し人口の激減、高齢化も進み、火災などもあったりと、変化していきました。

小川脳病院は30年以上の歳月で木々に隠されるようにたたずむ今の姿になってしまったのです。当時の状況を知る者がほとんどいない中で、怖い噂が出来上がったのかもしれません。噂では地下室の実験施設の話もありますが、1階建ての平屋でした。うっそうと生い茂る木々に現場までの動線すら隠されているため、かなり迷います。

迷う中、草木のトンネルがとなりのトトロの、ワンシーンで観た光景のように感じました。(私は天気の良い14時半頃に撮影いたしました。)

過去に小川脳病院へ出向いた方の時間帯や、噂の内容があまりにも怖すぎるため、恐怖心から見えないものや、聞こえないものの存在を作り出したのだろうと思いました。(※あくまで私個人の見解です。)

 

【日時】2021年04月15日
【提供】探偵ファイル
【関連掲示板】
  • 茨城雑談総合
  • 病院・医師全国

 

探偵ファイル

 

 

 

#2 [匿名さん] :2021/04/15 09:43

出るんです

 

#7 [匿名さん] :2021/04/15 10:11

やばいな

 

#8 [匿名さん] :2021/04/15 11:43

映るんです

昼間見ても怖い
夜は見れない
廃墟(はいきょ、廃虚とも、英語:Ruins、ドイツ語:Ruine)とは、建物や施設、鉄道、集落などが使われないまま放置され、荒れ果てた状態になっているものを指す。 廃墟とは建物、施設、街などが使用されずに荒れ果て、そのまま放置されているものを言い、建物などが使われなくなったとしても、他用途に転用され
31キロバイト (4,219 語) – 2021年3月14日 (日) 22:42

コメントを残す

eight + 5 =

関連キーワード
心霊の関連記事
おすすめの記事